IT機器の販売をする場合

26-02

ショールームにどのようなものを展示するかによって、スペースの広さも変わってくるでしょう。それもずるずる溜まっていくので、そのスペースも考慮します。

オフィス賃貸において、広さを考えるときまずは作業スペースがあるかです。ペーパレスかが進んでいるとはいえ多くの仕事においては紙の資料が必要です。

作業スペース、ショールームの他には、倉庫的なスペース、書庫を置くスペースも必要になります。これは従業員が仕事をする場所で、デスクとチェア、その他の余裕空間になります。

一方で、IT機器の販売をする場合実際に機器を見てもらうショールームがあるとお客さんに来てもらいやすくなる場合があります。ビジネスとしてショールームや商談のためのスペースを設けるのであれば別途その部分を考慮する必要があります。

常に使うわけではないですがそれで売上が上がるのであれば無駄なスペースではありません。何らかの提案をするときはパソコン上で行うことができます。

人数にその広さをかけただけの広さがあれば物理上は入れることになります。IT企業などでコンピュータのソフトやウェブサイトの企画などを行う場合、オフィス内にショールームはいつもそうとは必要ないでしょう。

せいぜい会議室程度になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る